横浜銀行カードローン 銀行カードローン 地方銀行

横浜銀行カードローンの審査の流れは?在籍確認なしで借りれるの?

投稿日:2017年1月21日 更新日:

横浜銀行は神奈川県や東京都に住んでいる方なら、馴染みのある銀行ですよね。地銀の中では規模も収益性も全国トップランクで総合的に見ても全国トップ3に入るレベルです。そんな信頼と実績のある横浜銀行のカードローンを紹介していきます。

Contents

横浜銀行カードローンのおすすめポイント

  • 1.9%~14.6%の低金利設定
  • 来店不要
  • 即日融資可能
  • 利用限度額300万円まで収入証明書不要
  • 専業主婦でも在籍確認なし・本人確認書類のみで借入可能
  • パート・アルバイトでも借り入れ可能
  • 返済額は月々2,000円~
  • WEB完結申込可能

横浜銀行カードローンの特徴

実質年率 1.9%~14.6%
利用限度額 10万円~1,000万円
月々の返済 2,000円~
審査時間 最短即日
即日融資
在籍確認 電話
収入証明書 不要(300万円まで)
無利息期間 無し
パート・アルバイト
専業主婦
学生
年金受給者

横浜銀行カードローンの申し込みから審査、契約までの手続き方法

申し込み

横浜銀行カードローンの申し込みは、インターネット、電話、郵送、FAXで申し込み可能です。インターネットなら24時間365日申し込みが可能です。ただ、インターネットの申し込みには、「WEB完結契約の申し込み方法」と「通常の申し込み方法」の2種類あるのです。横浜銀行の普通預金口座を持っていれば、WEB完結申込が可能なので来店不要で、簡単・スピーディーです。

インターネットによるWEB完結契約の申込方法

  1. 横浜銀行カードローンの普通預金口座を持っていれば、契約までの手続きがWEBで完結します(来店不要)。
  2. 横浜バンクカードまたはキャッシュカードを用意し、ホームページから「本人確認」をおこなったうえで、ローンを申し込みます。
  3. 申込内容等の確認、審査結果については、電話またはEメールで連絡がきます。

インターネットによる通常申し込み

インターネットで申し込みをしても、横浜銀行の口座がない場合、WEB完結契約の申し込みはできません。必要書類の提出もWEBではなくFAXか郵送による提出となります。

審査

審査結果は原則即日回答です。ただし、申し込み時間が遅かったり混雑していると当日審査ができない場合があります。自宅、携帯、職場等の指定した電話番号に審査結果の連絡がきます。

審査結果の連絡

審査結果は、原則、当日中に指定の電話番号へ回答があります。ただし、受付時間によっては審査結果の連絡が翌日以降になる場合があります。

契約手続き(必要書類の提出)

インターネットのWEB完結契約で申し込んだ場合はWEB上で必要書類を提出することとなります。それ以外の方法で申し込んだ場合は、郵送・FAXで提出します。

必要書類

本人確認書類

本人確認書類は以下のいずれかの書類のコピーとなります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住証明書
収入証明書

借入限度額300万円を超えると収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書は、以下のいづれかのコピーとなります。

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 住民税通知決定書

必要書類の提出方法

郵送で提出

自宅宛に届いた契約書類と本人確認書類を郵送で提出

FAXで提出

ホームページからダウンロードした契約書類と本人確認書類等をFAXで提出

WEBで提出

審査結果の連絡時に伝えられる専用サイトで提出

カード発行、利用開始

「横浜銀行カードローン」カードが簡易書留郵便で自宅に郵送されます。カード到着次第、利用可能です。

横浜銀行カードローンは総量規制対象外

横浜銀行は銀行カードローンなので、賃金業法ではなく銀行法に基づいた融資を行います。そのため、総量規制対象外で、年収の3分の1以上の借り入れが可能です。利用限度額も1,000万円までと高額で、さらに金利も1.9%~14.6%と低金利なので、高額融資希望の方には特におすすめのカードローンです。

横浜銀行カードローンの即日融資について

横浜銀行カードローンは即日融資が可能なカードローンです。即日融資が可能な理由に保証会社が関係していることをご存知でしょうか?即日融資と保証会社の関係や即日融資で借りる方法をわかりやすく説明していきます。

即日融資できる理由は保証会社のおかげ!?

銀行のカードローンを利用するには保証会社の審査を受ける必要があります。保証会社は消費者金融や信販会社が担っていて、融資を受けた人が返済できなかった場合に保証会社が代わりに返済することとなります。

横浜銀行カードローンの保証会社は、あの大手消費者金融のプロミスです。CMなどで皆さんプロミスには馴染みがあると思いますが、プロミスという名前は実は会社名ではありません。会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社といい、三井住友ファイナンシャルグループの子会社なんです。保証会社がSMBCコンシューマーファイナンスの銀行は、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、福岡銀行があります。これだけ大手の銀行が保証会社にしているということはそれだけ信用があるということです。

大手消費者金融プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は融資のノウハウと実績がトップクラスなので、審査においても短時間で正しい審査ができます。横浜銀行カードローンが最短即日融資ができる理由は、保証会社を大手消費者金融プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)にしているからなのです。

即日でお金を借りる方法

それでは横浜銀行カードローンの即日でお金を借りる方法を説明していきます。ポイントは以下の2点です。

  • 横浜銀行の口座を持っていること
  • 午前中に契約手続きを完了させること

横浜銀行の口座がないと即日融資はしてもらえないのです。また、即日融資を希望するのであれば午前中のできるだけ早い時間に申し込みをして手続きを完了させることをおすすめします。混雑具合によっては午前中に申し込みをしても即日融資を受けれない可能性があるので、注意してください。

横浜銀行カードローンは300万円までなら収入証明書不要で借入可能

一般的に銀行カードローンは100万円を越えると収入証明書の提出が必要になる銀行もたくさんあるなか、横浜銀行カードローンは銀行の中でも一番上限レベルの300万円までなら収入証明書不要で借り入れできるので、面倒な書類を準備が不要で本人確認書類だけ用意すれば申し込みができます。ただし、横浜銀行以外のカードローンで既に借り入れがある場合、合計金額が300万円を超えると収入証明書が必要になるので注意してください。

横浜銀行カードローンは審査が厳しいの?

横浜銀行カードローンの審査をしているのは、上記でも説明したとおり保証会社のプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)です。ただし、消費者金融プロミスと横浜銀行カードローンの審査基準は同じではありません。プロミスの審査通過率は40%程度ですが、消費者金融全体で見ても40~50%程度です。一方、銀行カードローンは公表されていないものの一般的な審査通過率は20~40%と言われています。そのため、データから見ても消費者金融に比べると横浜銀行カードローンの方が審査は厳しい可能性が高いです。

横浜銀行カードローンで在籍確認なし・職場連絡なしで借り入れ可能?

横浜銀行カードローンで在籍確認なし・職場連絡なしで借り入れすることはできません。残念ながら、銀行の担当者から在籍確認の電話連絡がきます。しかし、横浜銀行カードローンの在籍確認は個人名で電話がかかってきます。一般的に銀行の在籍確認は銀行名で職場に電話がかかってくるので、珍しいケースです。そのため、在籍確認の電話はあるものの、カードローンの利用がバレる可能性は低いと思われます。

おまとめローンとしても利用可能

横浜銀行カードローンにはおまとめ専用商品はありませんが、おまとめローンとして利用することは可能です。おまとめで返済することで、金利が下がり、利息を減らすことで月々の負担を減らすことが可能です。

ただし、おまとめ専用商品があるわけではないので、現在の借り入れ先への返済は自ら手続きする必要があります。

借入・返済は横浜銀行・コンビニ等のATMでいつでも便利に利用可能

kariruno-yokohamaginkou

横浜銀行カードローンの借り入れ、返済は専用のローンカードを使って、横浜銀行のATMに加えて、コンビニ等のATMでご利用になれます。また、借り入れは全国の銀行、信用金庫等の提携金融機関でも可能です。それだけではなく、小田急線全70駅にATMを設置しているので、通勤時のサラリーマン等にもとても便利ですよね。ただし、通常の返済はあらかじめ指定した普通預金口座からの自動引き落としとなります。ATMを利用する場合、所定のATM手数料がかかってしまうので、できるだけ口座からの自動引き落としで返済することをおすすめします。

横浜銀行カードローンはこんな人でも借りれるの?

横浜銀行カードローンは専業主婦でも借りれるおすすめのカードローン

横浜銀行カードローンは専業主婦でも借りれます。しかも、消費者金融や他の銀行カードローンと比べても特に専業主婦が借りやすいのです。その理由は、必要書類が最も少ないためです。一般的には、「本人確認書類」「配偶者の同意書」「住民票」の3書類の提出が必要です。横浜銀行カードローンはこの3種類のうち、「本人確認書類」の1種類だけの提出でいいのです。しかも夫の職場へ在籍確認の電話連絡はありません。そのため、専業主婦にとって横浜銀行カードローンは夫にバレずに借りれるおすすめのカードローンです。

夫の名刺を提出する必要があるの!?

これは口コミでもよく見かけたので、実際に横浜銀行に電話で確認してみました。結果、名刺を提出することはないと断言されていたので、恐らく名刺の提出は不要かと思われます。となると、本当に本人確認証明書の提出だけで大丈夫なので、専業主婦にとっては誰にもバレずに借り入れてありがたいですね。

横浜銀行カードローンはパート・アルバイトでも借りれる

パート・アルバイトでも借りれます。横浜銀行カードローンのホームページでも利用対象者として、「満20歳以上69歳以下」、「安定した収入のある方」と明記されています。

横浜銀行カードローンは学生は借りれないけど、年金受給者は借りれる

横浜銀行カードローンの申込対象年齢は20歳以上69歳以下です。まず学生については、残念ながら借り入れすることはできません。横浜銀行カードローンのHPにも「学生の方は不可」と明記されています。次に年金受給者については、69歳までは借り入れ可能です。ただし、70歳を超えると新たな借り入れはできなくなり、返済のみ継続することとなります。ただ、銀行の多くは65歳で借り入れできなくなるところも多いので、69歳まで借り入れできることは年金受給者にとってはありがたいことでしょう。ちなみに、年収には年金を含みます。

横浜銀行カードローンの基本情報

実質年率  1.9%~14.6%
利用限度額 10万円~1,000万円
審査時間 最短即日
即日融資 最短即日
月々の返済 2,000円~
在籍確認 電話
無利息期間 無し
申込対象年齢 20歳以上69歳以下
申込対象地域 神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市
アルバイト・パート
専業主婦
資金使途  自由(事業用資金以外)
申込方法 ネット、電話、郵送、FAX
借入方法 ATM、ネットバンキング
返済方法 ATM、ネットバンキング
金利適用方式 変動金利
返済方式 毎月定例返済
返済日 毎月10日
返済期間・返済回数
遅延損害金 18.0%
保証人・担保 不要
保証会社 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

利用条件

以下条件をすべて満たす方

  1. 契約時満20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入のある方、およびその配偶者(パート・アルバイトの方も可。学生の方は不可。年収には年金を含みます)
  3. 次の地域に居住または勤務している方
    ・神奈川県内全地域
    ・東京都内全地域
    ・群馬県内の以下の市
    ・前橋市、高崎市、桐生市
  4. 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  5. 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される方

利用限度額一覧表

入限度額 金利
100万円以下 14.6%
100万円超200万円以下 11.8%
200万円超300万円以下 8.8%
300万円超400万円以下 6.8%
400万円超500万円以下 4.8%
500万円超600万円以下 4.5%
600万円超700万円以下 4.0%
700万円超800万円以下 3.5%
800万円超900万円以下 3.0%
900万円超1000万円以下 2.5%
1000万円 1.9%

金利の計算方法

付利単位を100円とし、毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)に、その前日までの分について所定の利率・方法により利息を計算し、借入元本に組み入れます 。

定例返済

定例返済日は毎月10日(10日が土・日・祝日の場合は翌平日窓口営業日)となります。
前月の定例返済後の借入残高に応じて、以下の金額を当月定例返済日に指定の預金口座から自動的にお引き落としされます。

前月の定例返済後の
借入残高※1
定例返済額 前月の定例返済後の
借入残高※1
定例返済額
2千円以下 前月の定例返済後の
借入残高※1※2
300万円超350万円以下 40,000円
2千円超10万円以下 2,000円 350万円超400万円以下 45,000円
10万円超20万円以下 4,000円 400万円超450万円以下 50,000円
20万円超30万円以下 6,000円 450万円超500万円以下 55,000円
30万円超40万円以下 8,000円 500万円超600万円以下 60,000円
40万円超50万円以下 10,000円 600万円超700万円以下 65,000円
50万円超100万円以下 15,000円 700万円超800万円以下 70,000円
100万円超150万円以下 20,000円 800万円超900万円以下 75,000円
150万円超200万円以下 25,000円 900万円超1,000万円以下 80,000円
200万円超250万円以下 30,000円 1,000万円超 85,000円
250万円超300万円以下 35,000円

※1 前月の定例返済日に借入残高があり、かつ定例返済がない場合は、前月の定例返済日の借入残高とします。

※2 2千円を上限として前日までの利息を含みます。

横浜銀行カードローンのまとめ

横浜銀行カードローンの普通預金口座を持っている方は即日融資も可能なためおすすめです。また、専業主婦の方にとっては、「本人確認書類」のみ提出すれば、夫の職場へ在籍確認の電話連絡なしで誰にもバレずに借りれます。横浜銀行の申し込み可能エリアに住んでいる方で、横浜銀行の普通預金口座を持っている方、または専業主婦の方には特におすすめのカードローンです。一方で横浜銀行の普通預金口座を持っていない方は即日融資はできませんので、どうしても即日融資希望の方は他の銀行もしくは消費者金融へ申し込みをした方がいいでしょう。

Q&A

借入限度額を増額したい場合どうするの?

増額を希望の場合、審査があるので横浜銀行カードローン受付センター(0120-458-014)まで電話してください。
〔電話受付時間〕平日9時~20時、土日祝日9時~17時(12/31~1/3は休業)

返済額に関するお知らせは、送られてくるの?

取引明細表が郵送されます。ただし、〈はまぎん〉マイダイレクト (インターネットバンキング)にてローン商品の取引明細表等を電子交付に切り替えた場合、郵送はされません。

ローンカード発行に手数料や年会費はかかるの?

入会金や年会費などの手数料は一切かからないので安心してください。

借入限度額を増額することは可能?

増額する場合も審査があります。希望する場合は、横浜銀行カードローン受付センター(0120-458-014)まで電話で問い合わせてみてください。

フリーローンとカードローンの違いは?

横浜銀行カードローンの大きな特徴は必要なときに何度も借りることができ、即日融資も可能な点です。なので、ちょっとしたときに何度も借りたい方や急ぎでお金が必要という方はカードローンがおすすめです。

一方のフリーローンは、証書貸付といって、契約書を交わして一括で全額融資する方法です。そのため、何度も借りてしまわないか不安な方やおまとめ目的ならフリーローンがおすすめです。

-横浜銀行カードローン, 銀行カードローン, 地方銀行

執筆者:

関連記事

中京銀行カードローンの審査の流れは?在籍確認なしで借りれる?

中京銀行は愛知県名古屋市に本店がある地方銀行です。 そんな中京銀行が提供するカードローンには「C-style」と「ハイステージ」2つの商品があります。 Contents1 中京銀行カードローン「C-s …

新生銀行スマートカードローンプラスの審査の流れと即日でお金を借りる方法

Contents1 新生銀行スマートカードローンプラスのおすすめポイント1.1 新生銀行スマートカードローンプラスの特徴2 新生銀行スマートカードローンプラスの審査の流れは?2.1 新生パワーダイレク …

近畿ろうきんカードローンの審査の流れは?在籍確認なしで借りれるの?

近畿ろうきんは近畿2府4県に展開している労働金庫で、「すべての勤労者の笑顔のために」をキャッチコピーに掲げています。 そのキャッチコピーの通り、近畿ろうきんのカードローンはとても好条件で安心できるサー …

みずほ銀行カードローンは審査の流れは?在籍確認なしで借りれるの?

みずほ銀行カードローンは住宅ローンの利用で金利が0.5%引き下げることができます。 また、WEB完結申込で来店・郵送不要など、便利なサービスがあるのも魅力的です。 Contents1 みずほ銀行カード …

第三銀行カードローンの審査の流れは?在籍確認なしで借りれるの?

第三銀行カードローンは居住地、勤務先が三重県、愛知県の方が申し込みできます。カードローンの商品には「SUN」「エグゼクティブOne」「PRECIOUS ONE(プレシャスワン)」という3種類の商品があ …

固定ページ