ビジネスローン

審査に通りやすいビジネスローンなんてあるの?ノンバンク系がおすすめ?

投稿日:

ビジネスローンは、自営業を営んでいる方や、会社を経営している役員の方専用のローンです。

運転資金、つなぎ資金、設備投資など、急に資金が必要になることもありますよね。

こちらの記事では、大手ビジネスローンの基本的な情報や借り入れ金額別の適用金利について詳しく比較していきます。

ビジネスローンとは?

ビジネスローンは、事業者向けローンとも呼ばれており、事業性のある目的に対してのみ利用できます。

ビジネスローンのなかにも、銀行系ビジネスローンとノンバンク系ビジネスローンの2種類があります。

ノンバンク系は銀行系と違い、預金業務を行わない金融機関を指します。主に信販会社や消費者金融、ビジネスローンを専門に扱う金融業者などのことを指します。

カードローンとビジネスローンの違いは?

一般的なカードローン(キャッシング)は、個人を対象にした金融商品です。

カードローンの利用目的は基本的に自由です。ただし、投資やギャンブル、事業目的には利用できません。

そのため、中小企業の経営者や個人事業主が、事業資金を調達するために一般的なカードローンを利用することは原則としてできないので、ビジネスローンを利用することとなります。

銀行系ビジネスローンの審査は厳しい

銀行ビジネスローンの審査は「相当厳しい」と思ったほうがいいです。

銀行系ビジネスローンの金利は低いノンバンク系よりも低いです。そのため、審査が甘いなんてありえないのです。

銀行ビジネスローンの場合は、経営情報(決算書、PL、BS、キャッシュフロー計算書など)の提出書類も多く求められ、なおかつ黒字でないと審査は厳しいでしょう。

当然ですが、赤字経営や内容の悪い経営状態の場合は、貸し倒れリスクが高いと判断されてしまいます。

 銀行系ビジネスローンよりもノンバンク系ビジネスローンの方が審査が緩い

事業のために急にお金が必要になった場合、確実にお金を借りる必要がありますよね。

銀行系ビジネスローンは上記で説明したとおり、審査が厳しいです。そのうえ、審査に時間がかかるので、あまりおすすめはできません。

ノンバンク系のビジネスローンは、金利が高いというデメリットがありあすが、銀行系に比べると審査は緩く提出書類も少ないので、借りやすいのは間違いなく「ノンバンク系」のビジネスローンです。また、ノンバンク系は審査スピードが早く、返済期間も銀行系よりも長く設定されています。

ノンバンク系ビジネスローンのメリット・デメリット

ノンバンク系ビジネスローンのメリット・デメリットを改めてチェックしてみましょう。

メリット

総量規制の対象外

ビジネスローンは総量規制の例外貸し付けにあたるため、総量規制の対象外となります。

つまり、年収の3分の1以上の借り入れも可能ということです。

審査が甘い?

ビジネスローンは一般的に銀行系カードローンや銀行系ビジネスローンなどに比べると、比較的審査が通りやすいと言われています。ビジネスローンの審査は、銀行などとは違い、細かい審査は行っていないケースが多いようです。銀行は、膨大な資料を準備し、それを元に会社の経営状態や財務状況を審査します。

一方、ビジネスローンは、ほとんどが「スコアリングシステム」という審査方法を採用しているといわれています。スコアリングシステムとは、統計的データに基づき、融資希望者の信用度をスコア化することによって融資の可否を決定するので、審査業務におけるコスト削減や効率化などで役立っています。

なお、ビジネスローンの中でも、大手よりも、中小金融会社のほうが、より審査は甘いようです。ビジネスローン審査になかなか通らないなら、中小の金融会社に申し込むとより審査に通る可能性が高まります。

③短期間で融資を受けれる

会社の資金繰りで急ぎでお金が必要という方方は、ノンバンク系ビジネスローンの申し込みをおすすめします。

銀行の場合は、書類などたくさん多く審査に数日かかりますが、ノンバンク系の場合は最短で即日融資が可能なビジネスローンもあります。

デメリット

①金利が高め

ビジネスローンのデメリットは、金利が高めなところです。金利が年利10%を超えてしまうことも多々あります。

事業資金で、年利10%以上の金利負担は非常に重くなります。返済能力はないのに無理して借りてしまうと、金利負担が重くて、廃業・倒産をしてしまうといった最悪のケースに陥ることもあるので、きちんと返済プランを考えて借りる必要があります。

カードローンとビジネスローンの金利がどれくらい違うのか比較

カードローン

銀行カードローン

銀行カードローン名 金利
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 4.6~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0%

消費者金融

消費者金融名 金利
プロミス 4.5~17.8%
アコム 3.0~18.0%
アイフル 4.5~18.0%
モビット 3.0~18.0%

ビジネスローン

銀行系ビジネスローン

ビジネスローン名 金利
ビジネスローン「融活力」三菱東京UFJ銀行 2.1~9.0%
ビジネスセレクトローン 三井住友銀行 2.125%~
Webレポートローン 三井住友銀行 1.875%~
スタービジネスカードローン 東京スター銀行 6.5~14.5%
アーバンフリーローン 関西アーバン銀行 4.0~13.5%

ノンバンク系ビジネスローン

ビジネスローン名 金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~18.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00%~17.80%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~18.00%
プロミス自営者カードローン 6.30%~17.80%
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 6.00%~18.00%

金利の比較結果

カードローン、ビジネスローンの金利を比較した結果、銀行系に比べると、消費者金融やノンバンク系のビジネスローンの方が金利は高い傾向にあります。

ノンバンク系ビジネスローンは消費者金融よりもまだ高いです。

確かにノンバンク系ビジネスローンの金利は高いです。しかし、そのぶん審査は緩いですし、借り入れ額によっては、低めの金利で借り入れできる可能性もあります。

審査スピードも提出書類も少ないので、本当に急いでお金が必要な事業者は、ノンバンク系のビジネスローンをおすすめします。

人気のノンバンク系ビジネスローンの特徴を比較

ビジネスローン名 下限金利 上限金利 最大限度額 即日融資
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00% 18.00% 1,000万円
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00% 17.80% 500万円 最短即日
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98% 18.00% 500万円
プロミス自営者カードローン 6.30% 17.80% 300万円 最短即日
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 6.00% 18.00% 300万円

それでは、改めてノンバンク系ビジネスローンの特徴を比較してみましょう。

下限金利と上限金利を記載しています。上限金利はほとんど18%近くですが、下限金利は4%ほど大きな差が出ていますね。

ただ、これは借り入れ金額によって、適用金利が変わってくるので、きちんと借り入れ金額ごとの比率を見るべきです。下記に借入金額別に比較しています。

最大限度額については、業者によってかなり差があります。ビジネクストは1,000万円と圧倒的に限度額が高いですが、プロミス自営者カードローンとクレストフォービズは300万円と低めです。

また急ぎでお金が必要な人は、オリックスVIPローンカードかプロミス自営者カードローンの2社に限られます。

借りたい金額別に金利を比較

50万円借りたい場合

ビジネスローン名 50万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 13.00%~18.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 8.00%~17.80%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~18.00%
プロミス自営者カードローン 6.30%~17.80%
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 9.60%~18.00%

100万円借りたい場合

ビジネスローン名 100万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~15.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00%~14.90%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~15.00%
プロミス自営者カードローン 6.30%~15.00%
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 7.80%~15.00%

200万円借りたい場合

ビジネスローン名 200万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~15.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00%~14.90%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~15.00%
プロミス自営者カードローン 6.30%~15.00%
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 6.00%~15.00%

300万円借りたい場合

ビジネスローン名 300万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~15.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00%~14.90%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~15.00%
プロミス自営者カードローン 6.30%~15.00%
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 6.00%~15.00%

400万円借りたい場合

ビジネスローン名 400万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~15.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00%~14.90%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~15.00%
プロミス自営者カードローン
CREST for Biz(クレスト フォービズ)

500万円借りたい場合

ビジネスローン名 500万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~15.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 6.00%~14.90%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 9.98%~15.00%
プロミス自営者カードローン
CREST for Biz(クレスト フォービズ)

1000万円借りたい場合

ビジネスローン名 1000万円借入時金利
ビジネクスト「ビジネスローン」 8.00%~15.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
プロミス自営者カードローン
CREST for Biz(クレスト フォービズ)

参考:遅延損害金

ビジネスローン名 遅延損害金
ビジネクスト「ビジネスローン」 20.00%
オリックスVIPローンカード BUSINESS 19.90%
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」 20.00%
プロミス自営者カードローン 20.00%
CREST for Biz(クレスト フォービズ) 20.00%

比較まとめ

50万円程度の少額資金を借りたい人

少額の借り入れを希望なら、「プロミス自営者カードローン」がおすすめです。50万円借り入れ時の金利は年6.30~17.80%です。

さらに、即日融資にも対応しているので、急ぎで事業資金が必要な方は、審査に通りやすく低金利の「プロミス自営者カードローン」を選びましょう。

100~400万円借りたい人

100~400万円借りたい人には「オリックスVIPローンカード BUSINESS」がおすすめです。金利が年6.00~14.90%と大手ノンバンク系ビジネスローンの中では最も低金利でなおかつ即日融資にも対応しています。

1000万円以上の高額資金を借りたい人

上記の大手ノンバンク系で1,000万円以上の高額融資を行っているビジネスローンは、ビジネクストしかありません。

残念ながらビジネクストは即日融資はできませんが、銀行系で審査に通る自信がないという方は、ビジネクストがおすすめです。

-ビジネスローン
-

執筆者:

関連記事

ビジネクストの審査について詳しく解説!在籍確認なしで借りれる?

自営業者の皆様、事業拡大・決算時などのまとまった事業資金や、一時的なつなぎ資金など資金繰りに困っていませんか? ビジネクストは主に、事業者向けの融資を行っている会社です。実は、三井住友信託銀行とアイフ …

固定ページ