ビジネスローン

プロミスの自営者カードローンを徹底解説!

プロミスの自営者カードローンを徹底解説!

お金に困ったときに便利なカードローンですが、給与取得を受けている人に比べて審査に通りにくいのが自営業者や個人事業主といった方々です。

サラリーマンや公務員の方に比べるとどうしても月々の収入が不安定をみなされるため、審査が厳しくなってしまう現状があるのです。

しかし、プロミスには通常のカードローンとは別に「自営者カードローン」という自営業者や個人事業主向けの商品があります。

この自営者カードローンは、文字通りそういった方々を対象にした専用の商品であるため、通常のカードローンとは別の形で審査を行ってくれます。

また、本来カードローンには「年収の3分の1までしか借入できない」という総量規制が適用されるのですが、この自営者カードローンは総量規制の例外貸付に当たるため、審査にさえ通過すれば「年収の3分の1以上の借入も可能」というメリットもあります。

今回はこのプロミスが提供する「自営者カードローン」について詳しく解説していきます。

自営業者や個人事業主はカードローンの審査に不利

自営業者や個人事業主はカードローンの審査に不利

基本的に自営業者や個人事業主の方は、サラリーマンなどの給与取得者に比べてカードローンの審査で不利に働くと言われています。

その理由は、やはり「収入の不安定さ」一点に尽きます。

お金を貸し出す側に立って考えると、貸したお金が返ってこないことが一番のリスクなので、カードローンの審査においては、申込者の返済能力が最重視されます。

その点、自営業者や個人事業主の場合、自分の商売・業績に収入が大きく左右されるため、会社勤めの方と比較すると返済能力を厳しく見られてしまうのです。

それこそ稼いでいる自営業者・個人事業主の人達よりも、収入の安定感から考えると、アルバイト・パートの人たちの方が返済能力があると判断されたりするのです。

審査に通過しても利用限度額が低い傾向にあり

もちろん審査で不利に働くからといって、必ずしも審査に通らないわけではありません。

自営業者や個人事業主の方でも、申告した情報や条件から返済能力があるとみなされれば審査に通りカードローンを利用することができます。

ただし、利用限度額は低い傾向にあります。

これもやはりお金を貸し出す側から見たときの「収入の不安定さ」がどうしても拭えないからでしょう。

いくらカードローンの審査に通ったからといって、希望額から遠い金額しか借入できないのであれば意味がありませんよね。

ですので、自分の目標金額を借入するためにも、自営業・個人事業主の方はそれ専用に特化したカードローンを申し込むのが最善と言えるでしょう。

プロミスは自営業者・個人事業主向けのローンを提供している

プロミスは自営業者・個人事業主向けのローンを提供している

自営業者や個人事業主の方で事業資金や生活費に困った方は、銀行が提供するカードローンや消費者金融でお金を借り入れようかと考えるかと思います。

しかし先ほど自営業者や個人事業主の方は、収入が不安定という理由からカードローンの審査では不利に働くことをご説明しました。

また、お金の借入目的に「事業資金や開業資金」が含まれるとより審査が厳しくなり、結果的に借入できないケースも多々あります。

そんな方におすすめなのがプロミスが自営業者・個人事業主向けに提供している「自営者カードローン」です。

特にこのカードローンは急いでる方には有難い即日融資にも対応しており、緊急時に心強い商品となっています。

また、この自営業カードローンの金利は6.3~17.8%となっており、上限金利はプロミスの通常のカードローンのと何ら変わりません。

プロミスの自営者カードローンの特長

プロミスは、一般のカードローン「フリーキャッシング」とは別に、自営業者や個人事業主の方を対象とした「自営者カードローン」を提供しています。

自営業者・個人事業主の方の場合、フリーキャッシングの審査では不利になることに対して、自営者カードローンであれば別の審査基準で判断されるため

  • 審査通過率
  • 借入希望額

ともに可能性が高くなります。

それでは自営者カードローンについて詳しく見ていきましょう。

【商品概要】

申込条件 20歳以上65歳以下の自営者・個人事業主
資金用途 事業費または生計費
担保・保証人 不要
金利(実質年率) 6.3%~17.8%
金利適用方式 単一金利
遅延利率(実質年率) 20.0%
最大融資額 300万円
契約額 借入希望額の範囲内で、プロミスが決定した金額
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選択可

※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済の場合、返済期日は5日

返済期間 原則最長6年9ヶ月(最終借入後)
返済回数 1~80回

即日融資にも対応

プロミスの自営者カードローンは最短即日融資にも対応しています。

そのため、自営業者や個人事業主の方で急を要している方にはぴったりのローン商品です。

自営業者や個人事業主の方が「事業資金・開業資金」としてお金を借りたい場合、低金利で高額な融資にも対応している銀行や信用公庫、または日本政策金融公庫から融資を受けるのが一般的です。

しかし、これらの金融機関から融資を受けるためには提出しなければならない書類が大量にあり、審査にかかる時間も月単位となるためお金の緊急時には全くもって不向きです。

また、生活費目的としての借入を希望する場合、これらの金融機関から融資を受けることはできません。

その点、プロミスの自営者カードローンであれば、最短でその日に融資を受けることができますし、生活費目的でお金を借りることもできます。

総量規制の例外が適用される

通常のカードローンには、年収の3分の1までしか貸し付けできないというルール「総量規制」が貸金業法により定められています。

しかし、自営業者・個人事業主に対する貸し付けには「総量規制の例外」が適用されるのです。

つまり端的に言えば、年収の3分の1を超えた金額の融資を受けることも可能なのです。

例えば年収600万の個人事業主が、ある銀行から150万の融資を受けている状態で新たに100万の借入を希望する場合、年収の3分の1である200万は超えるけれども、例外的に融資を受けられるということです。

ただし当然その分だけ審査は厳しくなるので、自営者カードローンなら年収の3分の1を超えた金額でも借入可能とは思わないようにして下さい。

あくまで借りられる可能性があるという認識が的確です。

在籍確認は本人が電話に出ればOK

プロミスの自営者カードローンにも通常のカードローンと同様、在籍確認の電話連絡があります。

ただし、通常のフリーキャッシングとは異なり勤め先というものがないので、プロミスの担当者の電話に自ら出ればそれでOKです。

会社勤めの場合、在籍確認の電話が職場の同僚にバレないか不安になる方が多いことを考えると、この点はスムーズな分メリットと言えるかもしれません。

携帯電話よりも固定電話の方が望ましい

プロミスから在籍確認の電話を受ける際には、携帯電話よりも固定電話の方が望ましいです。

理由は簡単で、固定電話の方がより仕事業務を行っている証明になりやすいからです。

ただし今の時代、会社として携帯電話しか用意していないケースは多々ありますので、必ずしも固定電話が必須というわけではありません。

固定電話の存在は、仕事場を構えているという証明になることで信用力が上がるため、携帯電話よりも審査で有利に働くということです。

-ビジネスローン

           

関連記事

審査に通りやすいビジネスローンなんてあるの?ノンバンク系がおすすめ?

  ビジネスローンは、自営業の方や、会社を経営している方専用のローンです。 運転資金、つなぎ資金、設備投資など、急に資金が必要になることもありますよね。 こちらの記事では、大手ビジネスローン …

エムアールエフ(MRF)の金利や評判を分かりやすく解説!

エムアールエフ(MRF)は福岡県に本社を置き、九州・中国・四国地方の西日本エリアを中心に事業融資を行っている金融会社です。 不動産を担保にしたビジネスローン(事業者ローン)を取り扱いしており、中小企業 …

ビジネクストの審査について詳しく解説!在籍確認なしで借りれる?

自営業者の皆様、事業拡大・決算時などのまとまった事業資金や、一時的なつなぎ資金など資金繰りに困っていませんか? ビジネクストは主に、事業者向けの融資を行っている会社です。実は、三井住友信託銀行とアイフ …