アコム 一般知識 アイフル

アコムとアイフルの審査や金利を徹底比較!おすすめはどっち?

アコムとアイフルを比較

消費者金融といえば、アコム、アイフルが有名ですよね。

今回は人気の高いアコムとアイフルの金利や利用限度額の違いを始め、在籍確認や審査通過率など徹底的に比較していきたいと思います。

どちらの消費者金融にしようか検討中の方はぜひ参考にしてみて下さい。

アコムとアイフルの基本情報を比較

アコムとアイフルは、ともに人気で有名な大手消費者金融ですが、基本情報を比較してみると違いがいくつか見つかります。

  アコム アイフル
金利 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
利用限度額 800万円 500万円
審査時間 最短30分 最短30分
即日融資
在籍確認 電話 電話
審査通過率 48.2% 44.4%
無利息期間 30日間 30日間
おまとめ ◯(おまとめ専用) ◯(おまとめ専用)
WEB完結
月々の返済 3,000円~ 5,000円~
申込年齢 20歳~69歳 20歳~69歳
遅延損害金 20% 20%
資金使途 自由(事業資金除く) 自由(事業資金除く)
総量規制 対象 対象
収入証明書※ 50万円超え 50万円超え
担保・保証人 不要 不要

金利水準、利用限度額、審査通過率、毎月の最低返済額の4点についてアコムとアイフルで違いがあります。

アコムとアイフルの審査を比較

アコムとアイフルの審査について、利用条件、職業条件、在籍確認の点から比較していきます。

利用条件で比較

アコムもアイフルも、利用できる方の対象年齢と利用条件は定められています。

これらを満たさない事には、どちらのカードローンも利用することができません。

アイフルとアコムの年齢条件、利用条件は以下の通りです。

アコム アイフル
対象年齢 20歳以上の方 満20歳~69歳まで
利用条件 1.安定した収入と返済能力を有する方

2.アコムの基準を満たす方

1.定期的な収入と返済能力を有する方

2.アイフルの基準を満たす方

アコムもアイフルも20歳以上であることが最低条件です。

また、アコムでは「安定した収入」が、アイフルでは「定期的な収入」が求められています。

つまり、本人に収入が無い方は申し込むことができない点には注意が必要です。

職業条件を比較

職業に関する条件について、アコムとアイフルを比較してみると、違いは見られずどちらも同じ利用条件のようです。

  アコム アイフル
パート
アルバイト
学生(収入あり)
年金受給者
主婦(収入あり)
専業主婦
無職(収入なし)

アコムもアイフルも専業主婦の方は申し込むことができません。

なぜなら、アコムもアイフルも「本人に収入があること」が利用条件となっているからです。

このような利用条件となっている理由は、貸金業法により定められている「総量規制」というルールがあるためです。

総量規制というルールにより、貸金業法に基づいて融資を行うアコムやアイフルなどの消費者金融は、年収の3分の1までしか貸付ができません。

つまり、本人収入がない無職の方、専業主婦の方などは利用ができないということです。

在籍確認の条件で比較

アコム アイフル
在籍確認の有無
書類による在籍確認

どちらも在籍確認は行われる

アコムでもアイフルでも、審査の一環として在籍確認は行われます。

申込者が本当に申告してきた職場で働いているかどうかは、お金を貸している側としては必ず在籍確認を行う必要があります。

アコムもアイフルも、原則として電話により在籍確認を行います。

書類による在籍確認も可能

アコムもアイフルも、原則としては、電話による在籍確認が行われます。

しかし、電話による在籍確認ができない場合、追加書類の提出に代えて在籍確認を完了としてくれる消費者金融が存在します。

それが、アコムとアイフルです。

事前にコールセンターへの相談が必要ですし、必ず書類による在籍確認を認めてくれるとは限りません。

しかし、何らかの事情で電話による在籍確認ができない場合には、柔軟な対応を取ってくれる可能性のあるアコムとアイフルは利用しやすい消費者金融だと言えます。

アコムとアイフルの金利を比較

アコム 実質年率
1~100万円未満 3.0~18.0%
100~800万円 3.0~15.0%
アイフル 実質年率
50万円まで 18.0%
100万円以上300万円以下 15.0%
300万円超500万円まで 12.0%

上記の表はアコムとアイフルの金利の目安ですが、借入額が多いほど金利も安く設定されます。

アコムの金利は、実質年率3.0~18.00%です。1~100万円未満の借入は、18%以下の利息がかかります。100万円を超えると、15%以下の利息がかかります。

一方のアイフルの金利は実質年率4.5~18.00%です。借入金額によってかかる金利が変わります。目安は、50万円までは18%、100~300万円は15.0%、300万円超は12.0% です。

高額の借入ならアコムが有利

アコムの下限金利は3.0%、アイフルの下限金利は4.5%です。

金利は借入額が多いと下がりますから、高額で借入をするのであればアコムの方が金利が下がる余地が大きいということが言えます。

ただ、他社での借入額や属性情報に基づいた審査によって、金利は上下しますから一概にアコムが有利になるとは限りません。

アコムとアイフル同時に申し込むことはできる?

カードローンの審査で落ちる事も考えて、消費者金融のアコムとアイフル2カ所同時に申込み申請する人がいます。

しかし、2つの業者に同時に申し込みはおすすめできません。

カードローンに申し込むと、個人信用情報機関に申し込み履歴が残ります。そのため、アコムとアイフルの2社に同時に申し込んでいることがバレてしまいます。

審査担当者からすると、以下のような判断をされ、審査落ちしてしまうケースがあります。

  • 他社で貸してもらえなかったのか
  • 切羽詰まっていて貸し倒れの可能性が高いのではないか
  • 総量規制オーバー(年収の3分の1以上)の可能性があるのではないか

また、短期間に複数のカードローンを申し込むと、「申し込みブラック」となり、個人信用情報機関から申し込み記録が消えるまでの6ヶ月間は他のカードローンにも申し込んでも審査落ちしてしまうので注意しましょう。

アイフルとアコムはどっちがおすすめなの?

おまとめローンならアイフルがおすすめ

プロミスやモビットでもおまとめとして利用することは可能ですが、専用商品ではないので、複数の借入業者への返済は自分で手続きしなければなりません。

一方、アイフルとアコムなら返済手続きを代行して行ってくれるので、面倒な手間が省けます。

ただ、アコムはおまとめローンにあまり積極的ではありません。

その一方、アイフルのおまとめ専用商品の「おまとめMAX」は積極的に売り出している人気商品です。

アイフルの「おまとめMAX」の金利は12.0~15.0%で、利用限度額は500万円まで借りることができます。

おまとめ利用の申し込みの際は借入目的を「他社債務の借り換え」を選択してください。

アイフルの「おまとめMAX」なら銀行並の低金利設定なので、消費者金融でも安心して借りることができます。

アイフルの審査の流れは?在籍確認なしで借りれるの?

審査通過率で選ぶならアコムがおすすめ

消費者金融は一般的に銀行カードローンより審査通過率は高いと言われています。

銀行カードローンの審査通過率は公表していないものの、唯一公表しているのが新生銀行カードローンレイクで、審査通過率は37.5%です。

消費者金融は上記の表で示しているとおり、どこも40%を超えています。

審査に通る自信がない方、不安な方は、消費者金融でかつ最も審査通過率が高いアコムがおすすめです。

アコムは在籍確認なし?審査の流れと即日でお金を借りる方法を紹介

なお、審査通過率の詳細については、「審査が甘いカードローンなんてあるの?審査通過率を徹底比較」でご確認ください。

-アコム, 一般知識, アイフル
-, ,

           

関連記事

おまとめローンの審査に通るコツは?おすすめのおまとめローンを紹介

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用している人が困っているのが、複数の業者からの借り入れです。 「数社から借り入れている借金の金利が高くて全然元金が減らない」、「複数あるカードローン …

審査が甘いカードローンなんてあるの?審査通過率を徹底比較

カードローンの利用を考えているたくさんの方が審査に受かるか気になるのではないでしょうか? 特に、急ぎでお金が必要な方や審査に落ちて信用情報に記録が残るの嫌な方などは、できれば審査が甘い、または審査に通 …

総量規制対象外のカードローンとは?総量規制の除外・例外の貸付について解説

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関が個人向けに無担保でお金を貸してくれるサービスです。 金融機関は好き勝手にお金を貸し出しているわけではありません。日本で定められている法律に基づいて貸し出 …

アコムは在籍確認なし?審査の流れと即日でお金を借りる方法を紹介

アコムはCMの「はじめての、アコム」でお馴染みの人気で実績のあるカードローンです。 アコムの特徴は大きく2つあり、1つ目はCMでも宣伝されているように、はじめての方なら最大30日間金利が0円という点で …

お金が足りない場合はどうする?ピンチを切り抜ける対処法

お金が足りない場合はどうする?ピンチを切り抜ける対処法

「お金が足りない」と悩んでいませんか? 急な出費などで給料日までお金が持たないといったサラリーマン、主婦の方は結構多いのではないでしょうか。 親や友達に気軽に借りれるぐらいの金額ならいいですが、少しま …