一般知識 収入証明書不要

収入証明書不要のおすすめ銀行カードローンと消費者金融を厳選紹介

収入証明書不要のカードローン

カードローンを利用する場合、基本的に必要書類は本人確認書類だけです。しかし、利用限度額等によって「収入証明書」という書類を提出しなければならないケースがあります。本人確認書類なら免許証などで手元にあるのですぐに準備できますが、収入証明書となると会社や役所から取り寄せたりする必要があり、すぐにお金が必要な人にとっては面倒ですよね。そんな方に、収入証明書不要で借りれるおすすめの銀行カードローンと消費者金融を厳選して紹介します。

収入証明書とは?

収入証明書とは、ざっくり言うと自分自身の収入がわかる書類のことです。

以下のような書類が収入証明書にあたります。

  • 給与支払明細書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書

収入証明書の種類

源泉徴収票

源泉徴収票とは、簡単に言えば「年末調整の結果表」もしくは「会社員のための確定申告書の控え」です。

サラリーマンは会社から年収が確定するタイミングである12月の給与明細書と一緒にもらえることが多いです。

現在発行されている最新年度のものを提出する必要があります。

給与明細書

給与明細書は説明するまでもないですが、提出の条件として住民税(地方税)の記載がない場合は直近2ヶ月分が必要です。

賞与明細書がある場合は、直近1年分の提出も求められます。

給与明細書には「本人の氏名」「発行年月」「勤務先名(発行元)」「月収」が明記されていなければなりません。

記載内容が手書きの場合、勤務先の社判または社印が必要で担当印のみでは受付けしてもらえないケースがあるので注意してください。

確定申告書

所得税の確定申告については毎年1月1日から12月31日までに得たすべての所得を計算して、申告・納税しなければなりません。

この手続で提出する書類のことを確定申告書といいます。

現在申告している「最新年度のもの」を提出する必要があります。

税額通知書

税額通知書は一般的には毎年6月に勤務先を経由して交付される収入証明書類のことです。

カードローンの収入証明書としては、現在交付されるている「最新年度のもの」を提出する必要があります。

最新年度のものが交付されていない場合は、前年度のものも有効です。(1~6月)

所得証明書

所得証明書は前年の1月1日から12月31日までの1年間にどれくらいの所得(収入)を得たかを証明するための書類です。

所得証明書の取得方法は、証明対象年度の1月1日時点にすんでいた市区町村役場または税務署で取得できます。

カードローンの収入証明書としては、現在交付されている「最新年度のもの」を提出する必要があります。

最新年度のものが交付されていない場合は、前年度のものも有効です(1~6月)。

サラリーマンは源泉徴収票か給与明細書が一般的

上記でも説明したように、サラリーマンは会社から源泉徴収票か給与明細書を必ず貰えます。

この2種類の書類であれば、わざわざ役所などに取得しに行く必要がありませんから、源泉徴収票か給与明細書を用紙するようにしましょう。

カードローンの審査で収入証明書を提出する理由

カードローンの審査で収入証明書を提出しなければならない理由は、貸金業法で定められた「総量規制」が関係してきます。

総量規制とは、消費者金融からの借り入れが年収の3分の1までと決められたルールのことで、この年収の3分の1を確認するために収入証明書の提出が必要となるのです。

それでは、具体的に収入証明書が必要となるケースを見ていきましょう。

消費者金融で収入証明書が必要なケース

  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 利用限度額と貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合
  • 既に提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

総量規制対象外の銀行カードローンなら収入証明書不要?

消費者金融は上記で説明したとおり貸金業法に基づき融資をしているため、総量規制の対象となります。

一方で銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づき融資をしているため総量規制の対象外になるのです。

そのため上記のような、消費者金融カードローンで収入証明書が必要になるケースでも、銀行カードローンの場合は収入証明書が不要でした。

しかし、最近になってこの状況が大きく変わっています。

銀行カードローンも収入証明が必要になる?

ここまで説明してきた通り、銀行カードローンは総量規制対象外ですから、銀行が定めた金額以下の融資であれば収入証明書は不要でした。

しかし、2017年に銀行カードローンの過剰貸付が問題になり、銀行カードローンも総量規制の対象にするような動きがありました。

現状、銀行カードローンは総量規制の対象にはなっていませんが、大手の銀行は自主的に規制を行うようになっています。

この流れを受けて、銀行カードローンでも収入証明書を求める条件が非常に厳しくなりました。

そのため、銀行カードローンも消費者金融カードローンと同じように50万円超で収入証明書の提出を求められることがあります。

消費者金融と銀行カードローンの収入証明書不要な金額一覧表

消費者金融と銀行カードローンの収入証明書不要で借りれる金額を表にしてみました。

一部の銀行では、収入証明書が不要になる金額を高くしたままの銀行もありますが、大手の銀行カードローンはほとんどが50万円を超える貸付に対しては収入証明書を求めるようになっています。

カードローン 収入証明書不要の金額
消費者金融 50万円未満
三井住友銀行カードローン 50万円未満
ソニー銀行カードローン 50万円未満
りそな銀行カードローン 50万円未満
三菱東京UFJ銀行バンクイック 50万円未満
新生銀行カードローン レイク 50万円未満
ジャパンネット銀行カードローン 300万円未満

収入証明書不要で借りるなら銀行カードローンと消費者金融のどっちがおすすめ?

銀行が総量規制に対する自主規制を行うまでは、圧倒的に銀行カードローンの方がおすすめでした。

だいたい100~300万円までは収入証明書不要でお金を借りることができたからです。

しかし、自主規制が始まった今は、銀行カードローンと消費者金融カードローンの差はなくなってしまいました。

そのため、まだ自主規制をしていない銀行カードローンを見つけて申し込むか、50万円未満の借入に抑えるかの2択となります。

収入証明書不要でおすすめの銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行カードローンは、収入証明書が必要になる利用限度額のハードルを自主規制で下げていない銀行カードローンです。

そのため、利用限度額300万円までなら収入証明書不要で借り入れ可能です。

ジャパンネット銀行カードローンは、ネットキャッシングが可能で金利は年2.5%~18.0%となっています。

金利水準は銀行カードローンにしては高めですが、収入証明書不要で50万円以上借りることができるメリットがあります。

申込みは、ネットで完結することができ、はじめて利用する方は30日間無利息で利用することもできます。

ただ、利用する際には、必ずジャパンネット銀行の普通預金口座を開設する必要があります。

即日融資はできない

ジャパンネット銀行カードローンは即日融資もできません。

以上のことから、収入証明書不要で50万円超の借入をしたい人は、ジャパンネット銀行カードローンがおすすめです。

しかし、即日での融資を希望する場合や、50万円以下の借入をする場合には、他の銀行カードローンや消費者金融カードローンの方が便利です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査の流れと在籍確認

収入証明書不要のおすすめ消費者金融カードローン

プロミス

消費者金融のプロミスは、利用限度額50万円までなら収入証明書不要で借り入れ可能なカードローンです。

消費者金融は総量規制の対象となるカードローンであるため、基本的には上記で説明したケースでは収入証明書が必要となります。

このケース以外にも、例えばSMBCモビットの場合、利用限度額等に関係なく収入証明書の提出が必要な可能性があります。

消費者金融も50万円以下の借入は収入証明不要

消費者金融であっても、50万円以下の少額借入なら収入証明書不要でOKです。

プロミスはWEB完結できて便利なうえに、WEBなら最短1時間で借り入れすることも可能です。

初めての方なら30日間の無利息サービス期間もあるので、少額・急ぎの借り入れで短期間で返済が可能な方には消費者金融のプロミスが一番おすすめです。

プロミスなら借りるときも返済するときもプロミスのATMだけでなく三井住友銀行のATM、コンビニのATMも利用できて便利です。

金利は4.5%~17.8%ですが、収入証明書不要で借りるなら50万円以下の少額借り入れとなるため金利は17.8%が適用されます。

収入証明書が不要な消費者金融カードローンを探しているなら、断然プロミスがおすすめです。

プロミスは在籍確認なし?審査の流れと即日でお金を借りる方法を紹介

まとめ

以前までは、収入証明書が不要なカードローンといえば銀行カードローンでしたが、現在ではそうでもありません。

ほとんどの銀行が自主規制を設ける中で、銀行カードローンの収入証明書が不要になる条件は、消費者金融カードローンとほぼ同じになっています。

今回紹介したジャパンネット銀行カードローンは、300万円まで収入証明書不要で借り入れができる数少ない銀行カードローンです。

ただ、即日融資ができなかったり、銀行カードローンにしては金利が高めだったり、銀行口座の開設が必須だったりするので、状況に応じて他のカードローンも検討するようにしましょう。

利用限度額を50万円未満に抑えることができるのであれば、収入証明書不要で借りれる消費者金融のプロミスがおすすめです。

即日融資も可能ですし、30日間の無利息期間もあります。

プロミスはかなり柔軟に利用することができますから選択肢の一つにいれておいてみてはいかがでしょうか。

-一般知識, 収入証明書不要
-,

           

関連記事

利息なしでお金を借りれるカードローン

利息無しでお金を借りれるカードローンはある?

急にお金が必要だけど、お金を借りると利息がつくのが嫌…。 そう思ってカードローンを利用するのを避けていませんか? お金を借りようと思ったら、利息がつくのは当たり前です。 どうしてもお金が必要な時に、利 …

アコムとアイフルの審査や金利を徹底比較!おすすめはどっち?

消費者金融といえば、プロミス、アコム、アイフルが有名ですよね。 今回は人気の高いアコムとアイフルの金利や利用限度額の違いを始め、在籍確認や審査通過率など徹底的に比較していきたいと思います。 Conte …

総量規制対象外のカードローンとは?総量規制の除外・例外の貸付について解説

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関が個人向けに無担保でお金を貸してくれるサービスです。 金融機関は好き勝手にお金を貸し出しているわけではありません。日本で定められている法律に基づいて貸し出 …

在籍確認なし・電話連絡なしで誰にもバレないカードローンはあるの?

カードローンでお金を借りるときに心配するのが、在籍確認の電話がかかってきて、職場の仲間等にバレてしまうことですよね。 誰しもがお金に困っていることを周りの人にバレたくない気持ちはあるはずです。 職場へ …

おまとめローンとは?審査に通るコツやおすすめのカードローンを紹介

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用している人が困っているのが、複数の業者からの借り入れです。 「数社から借り入れている借金の金利が高くて全然元金が減らない」、「複数あるカードローン …

固定ページ