一般知識 即日融資

少額融資可能なカードローン!即日でも借りれる?

 

少額融資可能なカードローンあと少しだけお金が足りないという際に、利用したいのが少額でも借りれるカードローンです。

まとまったお金がない時にカードローンを検討する人が多いですが、少額だからこそカードローンを利用することのメリットが大きいんです。

今回は、少額でも借りれるカードローンについて説明していきます。

少額融資っていくらまで?

「少額」と言っても、人それぞれ思い浮かべる金額が異なってくると思いますが、いくらぐらいの金額のことを少額と言うのでしょうか。

少額は1万円~10万円

人それぞれ捉え方が違うかと思いますが、ここでは1万円~10万円を少額として話を進めていきます。

大体、これぐらいの金額が急に必要になり、お金が足りない時のことを想定して読み進めてみてください。

少額でも借りるのが困難な金額

ちょうど1万円〜10万円程度の金額が、お金を工面する際に苦労することが多いです。

1万円以下のお金が必要な場合には、日雇いのバイトをしてお金を稼いだり、特に仲の良い友人に貸してもらったり、親から借りるという選択肢もあるでしょう。

しかし、明日にでも1万円〜10万円のお金が必要な場合には、日雇いのバイトではすぐにお金を用意することは難しくなってきます。

友人や家族にとっても数千円と数万円では、お金を貸してくれるハードルが高くなることでしょう。

そんな時に、便利なのが少額融資可能なカードローンです。

カードローンなら少額融資可能

少額とは言っても、「1万円だけ借りたい」という場合でも、カードローンを利用することはできるのでしょうか。

実は、カードローンは少額融資にも対応しています。

そのため、1万円だけであってもカードローンを利用することができます。

ただ、1万円以下の金額を借りたいという場合には、借りれないカードローンが多くなってくるので注意が必要です。

中には、1,000円でも借りれるカードローンもありますが、多くのカードローンが1万円からの貸付となっています。

限度額は10万円に設定されることが多い

たとえ、借入希望額が1万円だけだとしても、契約後に極度額を確認してみると10万円に設定されるカードローンもあります。

これは、銀行や消費者金融としてみると、お金を貸して利息で儲けているわけですから、1万円だけ貸し出しても全く利益が出ないからです。

このことから、お金を貸す側としては最低でも10万円以上の金額を貸し出したいという本音が垣間見えます。

少額融資の審査について

一般的な審査と内容は同じ

少額だけ借りる際の審査も、通常の金額を借りる際の審査も、審査の内容に関しては同じです。

年齢や収入要件などの利用条件を満たしていることが最重要ですし、信用情報機関に金融事故の履歴があれば審査には通りません。

少額の借入だからといって何かが免除されるわけではありません。

少額借りる方が若干有利

審査の内容は同じですが、審査の通りやすさには多少の違いがあります。

お金を貸している側からすると、利用者がお金を返せなくなって債務整理などの借金の減額や帳消しを行うことです。

だとすると、1万円だけ借りたい人と100万円借りたい人を比べると、100万円借りたい人の方が、より審査を慎重に行う必要がありますよね。

少額の借入であれば、この程度の審査の有利不利は生まれてきます。

収入が少なくても審査に通る

現座、銀行カードローン(一部除く)と消費者金融は、年収の3分の1以上の借入ができなくなっています。

これは、貸金業法の総量規制というルールで決まっていることです。

年収が300万円の人は、100万円までしかお金を借りることができません。

そうすると、少額を借りる場合には自身の年収に関してそこまで気にすることがありません。

年収がゼロであればお金を借りることはできませんが、年収30万円あれば10万円の借入の審査には通過することができます。

少額融資なら収入証明書は不要

多くのカードローンでは、50万円未満の借入の際には、収入証明書の提出は不要としているところが多いです。

10万円以下の少額の借り入れであれば、どのカードローンを利用しても収入証明書は必要ありません。

少額融資でも在籍確認はある

少額融資であっても、審査の一環で在籍確認が行われます。

在籍確認は、基本的に職場に電話がかかってきます。

電話は、銀行カードローンであれば銀行名か個人名、消費者金融であれば個人名を名乗って電話がかかってきます。

消費者金融の中には、在籍確認を書類で完了してくれる業者もありますので、在籍確認を避けたい方はそういった消費者金融を選ぶようにしましょう。

少額融資のデメリットとは?

金利が最高値に設定される

お金を貸している業者としては、より多くのお金を借りてくれる方が利益になるわけですから、少額融資の場合は貸出条件が悪くなります。

10万円以下の借入額であれば、どのカードローンでも上限金利が適用されるため、支払い利息は多くなってしまいます。

返済計画をしっかり立てておく

少額であっても、返済計画をしっかり立てておくようにしましょう。

少額融資だからと言って、ずるずると長期間借りてしまうと、上限金利での借入になっているので、その分余計な利息がかかってしまいます。

少額を即日で借りる方法はある?

すぐに少額を借りる方法

消費者金融なら借りれる

少額のお金でも即日で借りれる方法はあります。

しかし、以前よりは選択肢が少なくなっています。というのも、銀行カードローンは即日融資をしなくなっているからです。

そのため、即日で融資をしてもらうためには、消費者金融を利用するしかありません。

審査も最短30分で、申し込んだその日にお金を借りることができます。

消費者金融は無利息期間がある

消費者金融であれば、無利息期間サービスを使える業者がいくつもあります。

初めてお金を借りてから30日の間にお金を返せば利息がかからないというサービスです。

少額であれば、30日以内にお金を返せる可能性も高いですから、無利息期間を使うにはピッタリです。

少額融資・即日融資なら消費者金融

少額融資に対応していて、即日融資を受けたいのであれば消費者金融がおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融では、イメージ的に銀行カードローンの方が好まれがちですが、消費者金融の方が柔軟な借入が可能です。

金利は少し高いがメリットも多い

消費者金融は、銀行カードローンと比べて上限金利が高めです。

しかし、初めての利用であれば無利息で借りることができますし、土日祝日関係なく即日で融資を受けることもできます。

在籍確認を書類で完了させることができる可能性もあり、銀行カードローンよりも使い勝手の良い借入手段です。

まとめ

少額でもお金を借りたいときは、カードローンを使うのが便利です。

少額融資であれば、審査にも多少通りやすいですし、総量規制に引っかかることもほぼありません。

また、収入証明書も不要ですから、本人確認書類を用意するだけでお金を借りることができます。

消費者金融であれば、即日でお金を借りることもできますから、急ぎで少額のお金を借りたいと考えている人には、消費者金融がオススメです。

-一般知識, 即日融資

           

関連記事

アコムとアイフルの審査や金利を徹底比較!おすすめはどっち?

消費者金融といえば、アコム、アイフルが有名ですよね。 今回は人気の高いアコムとアイフルの金利や利用限度額の違いを始め、在籍確認や審査通過率など徹底的に比較していきたいと思います。 目次1 アコムとアイ …

在籍確認なし・電話連絡なしで誰にもバレないカードローンはあるの?

カードローンでお金を借りるときに心配するのが、在籍確認の電話がかかってきて、職場の仲間等にバレてしまうことですよね。 誰しもがお金に困っていることを周りの人にバレたくない気持ちはあるはずです。 職場へ …

総量規制対象外のカードローンとは?総量規制の除外・例外の貸付について解説

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関が個人向けに無担保でお金を貸してくれるサービスです。 金融機関は好き勝手にお金を貸し出しているわけではありません。日本で定められている法律に基づいて貸し出 …

審査が甘いカードローンなんてあるの?審査通過率を徹底比較

カードローンの利用を考えているたくさんの方が審査に受かるか気になるのではないでしょうか? 特に、急ぎでお金が必要な方や審査に落ちて信用情報に記録が残るの嫌な方などは、できれば審査が甘い、または審査に通 …

利息なしでお金を借りれるカードローン

利息なしでお金を借りれるカードローンはある?

急にお金が必要だけど、お金を借りると利息がつくのが嫌…。 そう思ってカードローンを利用するのを避けていませんか? お金を借りようと思ったら、利息がつくのは当たり前です。 どうしてもお金が必要な時に、利 …