一般知識

低金利で借りれる銀行系カードローン特集

低金利で借りれる銀行系カードローン特集

カードローンを利用する場合、金利が低く設定されているものを選びたいですよね。

「金利」は、言わばお金を借りるための手数料みたいなものなので、金利が低ければ低いほど少ないコストで借入れできることになります。

そして低金利のカードローンと言えば「銀行系カードローン」でしょう。

消費者金融が審査通過率や審査スピードに重きを置いているのに対して、銀行は金利や限度額に特長があるので、低金利のカードローンをお探しの場合は銀行系のものが最も適しています。

ただし、ユーザーの目的によっては消費者金融も選択肢に入ります。

例えば、カードローンの審査に通るか不安な人、できるだけ早くお金を借りたい人にとっては、いくら低金利のカードローンが良くても目的に適した商品ではないからです。

また、消費者金融には無利息サービスという金利の付かない期間もあるため、これを上手く活用すれば金利の低いカードローンを賢く利用できたりします。

そこで今回は、低金利の銀行系カードローンを一覧で紹介し、どの商品がおすすめなのか詳しくご紹介していきます。

低金利で借りれる銀行系カードローン特集

低金利で借りれる銀行系カードローン特集

早速、低金利で借りれる銀行系カードローンをまとめてご紹介します。

カードローンで低金利に当たるのは、「上限金利14.5%前後」が目安と一般的に言われています。

なぜなら、「上限金利18.0%」が消費者金融系カードローンの相場であることに対して、銀行系カードローンは「上限金利14.5%前後」が標準の値だからです。

それでは低金利の銀行系カードローンを一覧でご覧ください。

【低金利の銀行系カードローン一覧】

金融機関・商品名 金利(年率) 最大限度額
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
りそな銀行

「クイックカードローン」

「プレミアムカードローン」

 

9.0%~12.475%

3.5%~12.475%

200万円

800万円

イオン銀行「カードローンBIG」 3.8%~13.8% 800万円
セブン銀行カードローン 15% 50万円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 1.9%~14.5% 800万円
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 2.5%~18.0% 1,000万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
住信SBIネット銀行「MR.カードローン」

スタンダードコース

プレミアムコース

 

8.39%~14.79%

0.99%~7.99%

300万円

1,200万円

超低金利の銀行系カードローンの注意点

先ほど述べたように「上限金利14.5%前後が低金利のカードローンの目安」と言われる理由が上の表から見て取れますね。

その中でも、特に「住信SBIネット銀行」と「りそな銀行」が他社と比べて、上限金利が低く設定されていることが分かります。

特に、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」のプレミアムコースは、上限金利が7.99%と圧倒的に安い数値になっています。

ただし、このプレミアムコースの審査は非常に厳しいため、申し込みしてもほとんどの確立でスタンダートコースになってしまうという欠点があります。

もう一方のスタンダートコースは上限金利14.79%なので、これだと他の銀行カードローンの金利の方が低くなってしまうのです。

また、2種類のカードローンを提供している「りそな銀行」は、どちらも上限金利12.475%ととても安い値に設定されています。

ただこのりそな銀行も審査がとても厳しいことで有名で、審査に時間がかかったり落とされたりする可能性が高いため、申し込みしても結果的に時間を無駄にしてしまうかもしれないリスクがあります。

つまり、これら低金利の銀行カードローンは「他社より金利が低い」というメリットがある一方で、「審査が非常に厳しい」というデメリットが存在するのです。

そのため、自分のステータス(年収・職業・保有資産・信用情報など)によっぽど自信がある方以外は、総合的に優れた「上限金利14.5%前後」の銀行カードローンが1番おすすめです。

低金利で借りれるおすすめの銀行カードローン

低金利で借りれるおすすめの銀行カードローン

先ほど、低金利の銀行カードローンをお探しなら、総合的に優れた商品が1番おすすめと説明しました。

やはりどんなものでもバランスが大事で、それはお金を借りる上でも同じことなのです。

いくら金利が魅力的でもそれ以外の問題が大きければ、申し込むべきカードローンは変わってきます。

そこで今回は、たくさんある銀行カードローンの中から、総合的にバランスの取れたおすすめ商品をPICKUPしましたのでご覧ください。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、

  • 審査時間最短30分
  • 銀行口座開設不要
  • 来店不要

で利用できることから、銀行カードローンの欠点をすべて克服したおすすめの商品です。

本来、銀行カードローンは金利が低い分、審査に時間を要したり、普通預金口座の所有が利用条件だったりするのですが、「バンクイック」にはそれらが全くありません。

その上で上限金利が14.6%なので、銀行カードローンの選択に迷ったらこの一択で良いと思います。

契約方法が充実しており、UFJ銀行内に設置された自動契約機(テレビ窓口)を利用すれば、借入まで最短40分で終わらすことも可能です。

ただし、審査をスムーズに終わらせるために、申込だけはあらかじめネットで済ませておいて下さい。

また、バンクイックのローンカードは提携しているコンビニATMであればどこでも手数料0円なので、お金を借りる時も返す時も余計な出費をせずに済みます。(もちろんUFJ銀行ATMの手数料も無料)

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンも、預金口座の開設不要、来店不要で契約できることから利用者が多い人気の商品です。

契約を全てWEBで完結することができるため、銀行まで行くことなく正式契約まで済ますことができます。(必要書類はWEBからアップロードでOK)

また、三井住友銀行のキャッシュカードを持っていない場合でも専用のローンカードを発行することで、

  • 三井住友銀行ATM
  • 提携コンビニATM
  • 提携金融機関ATM

と全国ほとんどのATMから24時間365日お金を借りることができます。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは先ほど紹介した2社よりも上限金利が若干低く(2.0%~14.0%)、総合的に優れた商品の中では最も低金利の銀行カードローンと言えます。

最高限度額も800万円と高額であり、もちろん資金使途は自由なので買物や旅行といった趣味目的に利用することも可能です。

また、みずほ銀行の住宅ローンを利用中の場合、カードローンの金利から0.5%引き下げてくれるため、その場合「1.5%~13.5%」という魅力的な金利なります。

さらに、みずほの普通預金口座を所有している方で

  • みずほダイレクトに加入している
  • 通帳を用意できる

のどちらかの条件を満たす場合、来店不要・郵送物一切無しで契約することも可能です。(WEB完結申込)

 

やはり3大メガバンクは信用度と知名度が高いので、提供しているカードローンも非常に優れています。

銀行3社とも相談窓口などのサポート体制が整っているため、初心者の方でも安心して利用できる点も共通しています。

そのため、低金利の銀行カードローンをお求めで、初めてカードローンを利用するという方はこの3つの中から選ぶとよいでしょう。

一時的な借入や即日融資を希望する場合は消費者金融

一時的な借入や即日融資を希望する場合は消費者金融

低金利のカードローンを

  • 一時的(1ヶ月以内)
  • 短期間(半年以内)
  • 即日融資

目的でお探しの場合、銀行ではなく消費者金融が提供するカードローンの方がおすすめです。

その理由は、消費者金融には「無利息サービス」という金利が付かない期間があるため、一時的や単発の利用であれば実質「低金利のカードローン」にもなり得るのです。

例えば、このサービスを適用させて無利息期間内の返済を全て元本に充てれば、本来支払うはずだった利息を大きく減らすことが可能なのです。

具体的な期間の目安を言うと、半年以内に完済できるような形で借入する場合、銀行系カードローンをよりも消費者金融の方が、トータルの利息負担が小さくなる傾向にあります。

また、大手の消費者金融は即日融資にも対応しているので、これも銀行カードローンに勝る大きな特長です。

できるだけ早くお金が必要で融資を急いでいる方は、消費者金融系カードローンの中から選んだ方が良いでしょう。

-一般知識

           

関連記事

総量規制対象外のカードローンとは?総量規制の除外・例外の貸付について解説

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関が個人向けに無担保でお金を貸してくれるサービスです。 金融機関は好き勝手にお金を貸し出しているわけではありません。日本で定められている法律に基づいて貸し出 …

在籍確認なしで誰にもバレないカードローンなんてあるの?

カードローンでお金を借りるときに心配するのが、在籍確認の電話がかかってきて、職場の仲間等にバレてしまうことですよね。 誰しもがお金に困っていることを周りの人にバレたくない気持ちはあるはずです。 職場へ …

今すぐに3万円~5万円借りる方法を紹介!

今すぐに3万円~5万円くらいをなんとかして借りたいとお金に困っている方は大勢いらっしゃるかと思います。 例えば、 「どうしても参加したい飲み会があるが現金が手元にない」 「今月のお小遣いをギャンブルで …

収入証明書不要のおすすめ銀行カードローンと消費者金融を厳選紹介

カードローンを利用する場合、基本的に必要書類は本人確認書類だけです。 しかし、利用限度額が大きい場合など、「収入証明書」を提出しなければならないケースがあります。 本人確認書類なら免許証などで手元にあ …

アコムとアイフルの審査や金利を徹底比較!おすすめはどっち?

消費者金融といえば、アコム、アイフルが有名ですよね。 今回は人気の高いアコムとアイフルの金利や利用限度額の違いを始め、在籍確認や審査通過率など徹底的に比較していきたいと思います。 目次1 アコムとアイ …