一般知識

今すぐに3万円~5万円借りる方法を紹介!

今すぐに3万円~5万円借りる方法を紹介!

今すぐに3万円~5万円くらいをなんとかして借りたいとお金に困っている方は大勢いらっしゃるかと思います。

例えば、

  • 「どうしても参加したい飲み会があるが現金が手元にない」
  • 「今月のお小遣いをギャンブルで使い切ってしまった」
  • 「休日に大事なイベントが入って数万円が必要」
  • 「友人に借りていたお金をすぐに返さなければならない」

など、今すぐ3万円~5万円くらいの現金があれば助かるといった場面は生活していく中で多々あります。

そういった場合に便利で役に立つのがカードローンです。

特に大手消費者金融が提供するカードローンは申し込み当日の融資にも対応しているので、今すぐお金が必要な方の助けになります。

また、初回利用であれば無利息サービスも利用できるので、早期に返済すれば利息を支払ずにお金を借りることも可能です。

ここでは5万円以下の現金を今すぐ借りる方法とおすすめのカードローンをご紹介します。

今すぐに3万円~5万円借りる方法

今すぐに3万円~5万円借りる方法

カードローンは分類すると

  • 銀行系のカードローン
  • 消費者金融系のカードローン

の二種類ありますが、「今すぐに3万円~5万円借りたい」場合は消費者金融が提供しているカードローンがおすすめです。

 

特に大手の消費者金融が提供するカードローンは

  • 審査時間が最短30分
  • 借入までの時間が最短60分
  • 夜遅くまで対応(21時まで営業)
  • 休日(土日祝日)も営業

など、すぐにお金を借りれる条件が整っています。

逆に銀行系のカードローンは、審査に数日間かかることが多かったり、普通預金口座が必要だったりと、できるだけ早く現金を借りたい方には向いていません。

それでは具体的にすぐにお金を借りる方法を見ていきましょう。

 

カードローンの契約方法はいくつかあるので、ここでは分かりやすく

  • 平日14時までに契約できる場合
  • 夜21時まで、または休日に契約する場合

という2つのケースに分けて解説していきます。

今すぐお金を借りたい方でこの2つのケース以外の契約方法は当てはまりませんので、これらを把握しておけば何の問題もありません。

平日14時までに契約できる場合

まずは、平日でかつ14時までにカードローンの契約ができる場合の方法から見ていきましょう。

大手消費者金融のカードローンでは、平日の14時までに契約が完了すれば、即日の振込融資に対応してくれます。

ですのでこの方法の場合は、カードローンの申し込み自体を遅くとも13時までには済ませておきましょう。

もちろん早いに越したことはありませんので、午前中のうちに、もしくは前日の夜に申し込みだけ済ませておけば確実です。

また、大手消費者金融のカードローンでは、全ての手続きをネット上で済ますことができる「WEB完結」というサービスが提供されています。

これを利用すれば、スマートフォンで簡単に手続きできるので、来店する必要はありませんし、借り入れるまでの時間を大幅に節約することが可能です。

夜21時まで、または休日に契約する場合

もし平日の14時までに契約ができない場合は、次の方法になります。

大手消費者金融のカードローンは営業時間が長いので、夜21時までに契約が完了すれば、ATMで即日キャッシングができます。

したがって、この場合は遅くとも20時までにカードローンの申し込みを済ませておいて下さい。

夜21時までに契約できれば、それからすぐに自宅から最も近い自動契約機(無人契約機)まで行ってローンカードを発行します。

このローンカードさえ手に入れば、ATMのメンテナンス時間以外の24時間365日いつでもお金を借りることが可能です。

注意点

ただし注意点として、始めから自動契約機まで行ってカードローンを申し込むことだけは避けて下さい。

理由は簡単で、ネットで申し込みだけ済ませておく場合と違って、ローンカード発行までに時間が掛かる可能性が大だからです。

自動契約機に着いても先に誰かが入ってる場合は当然その人が出てくるまで待たなければいけませんし、審査時間もその場で待つことになります。

また、自動契約機に20時を過ぎてから入っても結局その日に借入できない可能性もありますし、最悪審査に落ちた場合は無駄足になってしまいます。

その点ネット申し込みなら、審査に通過したメールを受け取ってから自動契約機に行くだけでいいので、手続きの時間を大幅に短縮することができますし、2度手間になることもありません。

カードローン契約に必要な書類は?

カードローン契約に必要な書類は?

次に、カードローンの契約に必要な書類についてご説明します。

カードローンを契約するためには必ず「本人確認書類」を提出しなければなりません。

また、借入希望額や審査の状況次第で「収入証明書類」の提出も求められます。

ただし、3万円~5万円といった少ない金額であれば「収入証明書類」を提出せずに済むパターンの方が圧倒的に多いです。

それでは2つの必要書類について具体的に見ていきましょう。

本人確認書類

本人確認書類はなるべく顔写真付きの身分証明証が好ましいですが、条件次第では顔写真のない証明証で認められるケースもあります。

具体的には下記の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証(※)
    ※健康保険証に関しては顔写真がないため、住民票(発行から3ヶ月以内)や公共料金の支払い領収書など、別途追加で書類が必要になります。

収入証明書類

借入希望額が50万円以上、もしくは他社との合計借入希望額が100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要になります。

もちろん、場合によってはこれ以外のケースでも収入証明書類の提出を要求されることもあります。

具体的には下記の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 課税決定通知書
  • 直近2ヶ月分の給与明細

給与明細は正式な年収が把握しにくいため、上記4点の書類に比べると若干審査で不利に働く可能性があります。

借入希望額が3万円~5万円でも審査に落ちる人の特徴

借入希望額が3万円~5万円と少ない金額であるにもかかわらず、審査に落ちてしまう人には何らかの問題があります。

審査に通るか不安な人や自信がない人は、カードローンの申し込みを行う前にこちらもチェックしておきましょう。

借入希望額が10万円以下という少ない金額の借入を希望しているのに審査に落ちる人の特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

  • すでに年収の3分の1以上の借入がある(総量規制)
  • 信用情報に傷がある(長期延滞、ブラックなど)
  • 無職(安定した収入がない)
  • 他社借入が多い

これらいずれかの条件に当てはまる場合は、例え3万円~5万円という少ない金額の借入であろうと、カードローンの審査に通過することは難しくなります。

中小消費者金融のカードローンを検討しよう

そういった方は、大手ではなく中小消費者金融のカードローンを検討してみて下さい。

中小消費者金融のカードローンは、大手と比べて全体的にサービス面で劣りますが(無利息期間がない、審査スピードが遅い等)、独自の審査を行ってくれるという強みがあります。

例えば、信用情報機関に悪い情報が載っている方でもすぐに審査に落とすということはなく、現在の稼ぎと返済能力をきちんと見てくれるので、3万円~5万円であれば借入できる可能性は大いにあります。

ただし、無職や他社借入が原因で大手消費者金融のカードローンの審査に落ちる方の場合は、中小であろうと審査に通過するのは非常に難しいので注意して下さい。

また、中小消費者金融の中にも、申し込んだ当日に振込融資してくれるアローやセントラルのような業者も存在します。

中小消費者金融のカードローンについて詳しく知りたい場合は、下記ページをご覧ください。

今すぐに3万円~5万円借りたい方におすすめのカードローン

それでは最後に今すぐ3万円~5万円借りたい場合におすすめのカードローンをご紹介します。

アコム

アコムは消費者金融系のカードローンの中でも最大手の業者ということもあり安心感のある金融業者です。

CMで永作博美さんが出ているのを1度は誰もが目にしたことあるはずです。

もちろん即日融資に対応しているので、今すぐ3万円~5万円借りたい方にぴったりのカードローンです。

また、自動契約機(むじんくん)の設置台数が業界No.1なので、契約機を利用して借入をお考えの方には、探す・行く手間を考慮すると最もおすすめのカードローンとも言えるでしょう。

プロミス

プロミスも審査時間が非常に早く、申し込みから最短60分で借入できる即日融資対応のカードローンです。

平日13時までに申し込みし14時までに審査まで終えれば、来店不要でその日に融資を受けられ、13時以降や休日の場合でも、自動契約機でローンカードを発行すればATMから借入することができます。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の普通口座をお持ちであれば24時間(※メンテナンス時間を除く)振込融資を受けることも可能です。

さらにプロミスには、ほんの少しですが大手消費者金融の中でもっとも上限金利が低いカードローンという強みがあります。

アイフル

アイフルも即日融資に強いおすすめのカードローンの1社です。

審査時間は他社と同様「最短30分」なので、申し込みした当日にお金を借りることができます。

もちろん休日・夜間の借入にも対応しているので、営業時間内にさえ審査が完了すれば、即日融資も受けることが可能です。

また、他の大手消費者金融とは違うアイフルの魅力は、1,000円から借入できる点でしょう。(※一部提携CD/ATMでは10,000円~の場合あり)

他の大手消費者金融はどこも借入額10,000円~であることを考えると、「少しでいいから借りたい」「少しでも利息を抑えるために1,000円単位での借入をしたい」といった方にはおすすめのカードローンです。

-一般知識

           

関連記事

おまとめローンの審査に通るコツは?おすすめのおまとめローンを紹介

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用している人が困っているのが、複数の業者からの借り入れです。 「数社から借り入れている借金の金利が高くて全然元金が減らない」、「複数あるカードローン …

収入証明書不要のおすすめ銀行カードローンと消費者金融を厳選紹介

カードローンを利用する場合、基本的に必要書類は本人確認書類だけです。 しかし、利用限度額が大きい場合など、「収入証明書」を提出しなければならないケースがあります。 本人確認書類なら免許証などで手元にあ …

審査が甘いカードローンなんてあるの?審査通過率を徹底比較

カードローンの利用を考えているたくさんの方が審査に受かるか気になるのではないでしょうか? 特に、急ぎでお金が必要な方や審査に落ちて信用情報に記録が残るの嫌な方などは、できれば審査が甘い、または審査に通 …

総量規制対象外のカードローンとは?総量規制の除外・例外の貸付について解説

カードローンは、銀行や消費者金融などの金融機関が個人向けに無担保でお金を貸してくれるサービスです。 金融機関は好き勝手にお金を貸し出しているわけではありません。日本で定められている法律に基づいて貸し出 …

お金が足りない場合はどうする?ピンチを切り抜ける対処法

お金が足りない場合はどうする?ピンチを切り抜ける対処法

「お金が足りない」と悩んでいませんか? 急な出費などで給料日までお金が持たないといったサラリーマン、主婦の方は結構多いのではないでしょうか。 親や友達に気軽に借りれるぐらいの金額ならいいですが、少しま …