スコア・レンディングサービス

ジェイスコアでスコアアップ!レンディングに申し込むことはできるか?

みずほ銀行とソフトバンクの合弁会社であるJ.Score(ジェイスコア)が2017年9月25日にフィンテックを活用した金融サービスを開始しました。

AIによるローン審査を取り入れた新しいモデルの貸金業事業です。

今回は、そんなジェイスコアのAIスコアレンディングサービスのAIスコア診断、スコアアップ、レンディング申し込みまで実際に全部試してみましたので、是非参考にしてください。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングサービスとは?

AIスコアレンディングサービス

AIスコア・レンディングサービスとは、みずほ銀行とソフトバンクが新サービスとして展開するジェイスコアの審査方法です。

従来の審査方法は、外部の個人信用情報を重視し、基本的な属性情報を中心としていました。

このサービスはこれらの従来のみずほ銀行の金融データに加え、ソフトバンクの通信データが加わります。また、ビッグデータやAIの機能を使い、すべての取引情報を融合します。

基本的属性に加えて思考・行動パターン等を活用し、データを蓄積していくことで、無数のパターンのモデルを合成します。

jscore

ジェイスコアのAIスコア診断スタート!

メンバー登録

まずは、メールアドレスとパスワードを登録します。

J.Scoreアカウント認証コードが届く

登録したメールに6桁の認証コードが届きます。メールに添付のURLに認証コードを入力し送信します。

ログイン

再度、メールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。

AIスコア診断開始

以下の質問に回答していきます。

  • ニックネーム
  • 生年月
  • 性別
  • 最終学歴(見込含む)
  • 仕事内容
  • 勤務形態
  • 職種
  • 勤務先の企業規模
  • 現在の勤務先の入社時期
  • 昨年の年収
  • 結婚
  • 子供の人数
  • 同居家族
  • 同居家族の人数
  • 郵便番号(最初の3桁)
  • 住宅タイプ
  • 居住歴
  • 借り入れ状況(住宅ローン、教育ローン、自動車ローン以外の借り入れ)

スコア診断結果

上記項目を入力していくと、現在のスコア結果が出ます。

スコアの点数は、1〜1000点までで、僕の最初のスコアは550点でした。

ジェイスコアのマイページにログイン

スコア診断が完了したら、マイページに入れるようになります。マイページの画面は「スコアアップ」「トピックス」「メンバーシップ」の3画面あります。

どんな画面か見ていきましょう!

スコアアップ画面

各項目の情報入力や情報連携をすることでスコアアップをしていきます。

スコアアップ画面

トピックス画面

トピックスでは、ジェイスコアのイメージキャラクターを務めているアーティストのスプニツ子!さんへのインタビュー記事や様々なニュースも掲載されていて、結構楽しめます。

J.Scoreのトピックス画面

メンバーシップ画面

メンバーシップ画面では、現在のスコアやキャンペーン情報を確認できます。

スコアアップの結果

 

スコアアップ

メンバーシップの画面を見ると、貸付利率も契約極度額も数字が記載されていません。どうやら、600点未満の場合は、スコアレンディングを利用できないようです。

このままでは借りれないのでスコアアップしてみます!

なお、AIのスコア算出までは信用情報機関へ登録内容が紹介されることはありません。そのため、ブラックリストに載ることもないので安心してください。

スコアアップの方法

スコアアップの「情報入力」と「情報連携」の2つの方法があります。

情報入力

スコア診断を受けた後もマイページでスコアアップをすることができます。

カテゴリは、以下の6つの項目です。

  • 生活
  • 情報連携
  • 性格
  • ウォレット
  • ファイナンス
  • プロフィール

情報連携

情報連携では、みずほ銀行の口座を持っている方、もしくはソフトバンクと契約がある方は、AIスコアに反映させることができ、スコアレンディングの金利を年0.1%引下げできるというメリットもあります。

またファイナンスの項目では家計の管理を誰がしてきたかを入力したり、性格の項目では性格診断が行われたりします。

性格診断まで入れるとは、今までの貸金業ではなかった全く新しい試みです。

これらの全ての要素をAIの人工知能で判断し、金利や契約極度額を決定することとなります。

スコアアップ入力

スコアアップの質問は、お金に関する内容もあれば、好きなスポーツや趣味といった他愛もないような内容もたくさんありました。

質問も多く面倒ではありますが、難しい質問はあまりないですし、600点さえ超えれば審査落ちの可能性は低くなるので頑張れます。

 

スコアアップ入力画面

スコアアップ入力画面

スコアアップは、ソフトバンク、みずほ銀行との契約はないので、以下の情報提携部分だけは入力できませんでした。

それ以外の情報入力は全て完了し、トータルで15分程度かかりました。

スコアアップ画面

性格診断結果

すべて入力が完了すると、「あなたの基本性格」「仕事上の性格」といった性格診断結果まで出てきます。

個人情報になるので少し恥ずかしいですが、結構当たってるんですよね。AI(人工知能)恐ろしいです。。

あなたの基本性格

スコアアップ入力の結果は?

スコアアップの入力結果

スコアアップ項目を全て入力した結果、無事に審査を受けることができる条件の600点を超えることができました。

入力した当日には結果は出ませんでしたが、翌日にスコアが反映していました。

600点を超えていないときは、貸付利率や契約極度額は「ー」の状態でしたが、利率が10.5%、極度額が110万円ときちんと結果が出ました。大手消費者金融や銀行カードローンと比べても、なかなか低金利でしかも極度額も高いですね。

審査を受ける前に事前に自分のスコアがわかると安心して申し込みできます。

AIスコア診断やスコアアップの時点では個人信用情報にも登録されていることはないので、申し込みブラックになることもありません。

何度もチャレンジしてスコアアップを目指しましょう。

スコアレンディング申し込み

スコアアップで600点を超えると、スコアレンディング申し込みができるようになります。

AIスコア診断は、何回試しても信用情報機関に何か履歴が残るようなことはありません。

しかし、算出されたスコアをもって、スコアレンディングの申し込みをすると、貸金業法に基づいて信用情報へ照会・登録されることになりますので、気をつけてください。

ただ、従来の審査方法とは違い、自分のスコアがわかるので、スコアが高い方は審査に通る可能性が高いということがわかるので、安心して申し込むことができますね。

 

jscore




-スコア・レンディングサービス
-

           

関連記事

ジェイスコアの審査は甘い?AIスコア・レンディングサービスとは?

J.Score(ジェイスコア)の審査の流れや審査基準は?

みずほ銀行とソフトバンクは個人向け融資サービスを行う合弁子会社の「J.score(ジェイスコア)」を設立し、2017年9月25日に日本初のAIスコア・レンディングサービスを開始しました。 簡単にいうと …

固定ページ